メインバンクにおすすめの銀行

ikumou.1.r.jpgメインバンクとサブバンクですが、人によって捉え方が違うと思われます。
給与が振り込まれたり、引き落としなどで頻繁に使う方がメインバンクなのか、それとも積み立て貯金を行なっていくのがメインバンクなのか。


前者がメインバンクなのでしたら、あらゆる場所で引き下ろしが可能だったり、多くの支払いのさいに引き落としの銀行として選べたりする銀行を選ぶ必要があります。逆に後者がメインバンクなのでしたら、単純に金利が高かったり、長く預けていることで利点があるような銀行を選ぶべきでしょう。

前者のように使い勝手を重視するのでしたら、全国あちこちで使えるようなATMを設置している銀行がよろしいでしょう。
具体的な名前を挙げますと、三菱東京UFJ銀行やセブン銀行などです。
これらの銀行はとにかくATMの設置が多く、また三菱東京UFJ銀行は店舗数も多くなっています。
とはいえ、これら以外にもメインバンクに適している銀行はたくさんありますので、とにかく自分にとって使い勝手が良さそうな銀行を選びましょう。

後者のように積み立て貯金などをする銀行をメインバンクに据えたいのでしたら、ネットバンクなどがオススメです。
ネットバンクは金利が高めなところが多く、中でも楽天銀行などは積み立て年数が長くなるほど金利が上がっていくので、長く預けておくのに適しています。
なお貯蓄に関しては1000万円を超えますと、他の銀行口座と分けて貯蓄したほうが安全です。
銀行が潰れないものと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と銀行も潰れる時はあっさりと潰れてしまうものなのです。
その際に、1000万円までは潰れた銀行に預けていたお金が返ってくる保証はありますが、それ以上の金額は返ってこないこともあります。
ですので、1000万円を超える大金を銀行に預けるのでしたら、複数の銀行に分散させることをおすすめします。

以上で説明しましたように、メインバンクにおすすめの銀行は皆様の「メインバンク」という言葉の捉え方によって変化してきます。
皆様ご自身で上記の説明を参考にしつつ、自分に適したメインバンクを見つけてください。